柔道「丸山VS阿部」来年に持ち越しも 他13階級は五輪代表権維持

西日本スポーツ

 全日本柔道連盟(全柔連)は15日、オンラインで常務理事会と強化委員会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて1年延期となった東京五輪代表について再選考を行わない方針を固めた。書面による理事会の決議で正式決定する。全柔連は2月末までに男子73キロ級の大野将平(旭化成)、同81キロ級の永瀬貴規(同)=長崎日大高出身、女子57キロ級の芳田司(コマツ)=福岡・敬愛高出身、同78キロ級の浜田尚里(自衛隊)=鹿児島南高出身、同78キロ超級の素根輝(環太平洋大)=福岡・南筑高出身=ら男女13階級の代表を発表。その後に五輪の延期が決まり、処遇を検討していた。代表が決まっていない男子66キロ級については未定。

 常務理事会後にオンラインで取材に応じた全柔連の中里壮也専務理事は「選考のしようがない」と代表を維持する理由を明かした。

 代表の処遇を巡って1年延期が決定した直後は「(選考を)やり直した方がいいという意見が出た」という。だが、その後、政府が緊急事態宣言を発令。中里専務理事自身も感染し、全柔連の事務局内がクラスター(感染者集団)化するなど新型コロナウイルスの感染状況は国内外で深刻化した。国際大会も再開のめどが立たないことから他の代表候補との力を比較することは難しいため、15日の常務理事会、強化委員会では反対意見はなかったという。

 残りの1階級、男子66キロ級は丸山城志郎(ミキハウス)=福岡・沖学園高出身=と阿部一二三(パーク24)の新旧世界王者が争い、4月の全日本選抜体重別選手権(福岡、西日本新聞社など共催)で代表を決める予定だった。

 中里専務理事は「9月くらいにやれたらそこで決める」と延期になっている同選手権の開催を示唆。「最低でも3カ月くらいは準備期間がないとちゃんとした選考試合にならないだろう。その前提で日程を決めていく」と考えを明かした。来月にも方向性を示す予定だ。今後の感染状況次第で代替試合や来年の同選手権で代表を決める可能性もあるという。

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング