西武スカウトが感じた「センスある子」2年間で一度もミスなし

西日本スポーツ

 西武は18日、「プロ野球選手1年生のきみへ」と題した担当スカウトからルーキーに送った手紙の第5弾を公開した。今回は高山久育成アマチュア担当がドラフト4位の川野涼多内野手(18)=熊本・九州学院高=にあてた。

     ◇    ◇    ◇

川野涼多くんへ

 君を初めて見たとき「センスある子」だなと感じたよ。スローイングの安定性は僕が見たなかでピカイチで高校2年と3年では一度もミスをしなかったのは素晴らしいと思う。

 いろいろなめぐり合わせでライオンズの入団が決まったけれど、もうひとつ、松井稼頭央2軍監督にみてほしいという思いもあったんだ。監督もスイッチヒッターだし、追いつき追い越すのは簡単ではないけど、どんどん話を聞いて技術を自分のものにしてほしい!

 君は僕の後輩にあたるから、交渉権を獲得してホッとしたのは確かだけど、それと同時にまた違った緊張感があったのを覚えているよ。

 とにかく向上心が強いから心配はないけれど、時間があるこの時期はとにかくたくさん練習をしてほしい。そこでの気づきを理解して、それが積み重なったとき、大きく成長できてると思うから。がんばれ!

埼玉西武ライオンズ育成アマチュア担当 高山久(九州学院高出身)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング