2度の手術乗り越え…支配下返り咲き右腕の歴史的1勝/復刻

西日本スポーツ

 ◆日めくりソフトバンク 誕生15周年

 ソフトバンク球団は今年15周年。球団がソフトバンクとなった2005年からの出来事を、過去の西日本スポーツ掲載記事で振り返ります。

 2013年5月19日の出来事は…。

   ◇   ◇   ◇

 育成選手制度が始まって8年目で初めての白星が生まれた。右肘の故障を乗り越えた柳瀬が08年7月以来の勝利。「そんなに勝っていなかったとは」と感慨に浸った。

 2点を勝ち越した直後の5回に登板。簡単に2死を奪った後に安打、四球で得点圏に走者を背負ったが最後は三振でピンチを切り抜けた。育成選手を経験した投手の白星は山田、千賀に続きチームで3人目。支配下→育成→支配下という道のりは初めてだった。

 06年に入団した右腕は、2度目の手術を受けた10年オフに育成で再契約。12年途中に支配下復帰し、返り咲き2年目で白星をつかんだ。「この先もいい場面で使ってもらえるように信頼を積み重ねたい」の言葉に実感がこもった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ