夕日に映える100キロ超の逆立ち カメラ席の前でいきなり体をひっくり返した山川

西日本スポーツ

 それはいきなりだった。夕日が差し込む2018年7月18日の北九州市民球場。ソフトバンク戦を前に、一塁カメラ席前で、真っすぐきれいな逆立ちを見せてくれたのは、西武の誇るスラッガー山川だった。

 176センチ、100キロ超の体つきや、本塁打を放った際に見せる「どすこい」パフォーマンスのせいで、何となく鈍重なイメージを持ってる方もいるかもしれないが、とんでもない。やはり2年連続で本塁打40本超えを達成したフィジカルは半端じゃないのだ。

 ほかにも、書道やピアノ演奏など多彩な才能を持っているという山川。すべて努力のたまものだろうが、一つでいいから分けてもらいたい…。 (軸丸雅訓)

  ◇   ◇   ◇

 西スポカメラマンが撮った決定的瞬間や記憶に残るシーンを集めた企画「お宝写真館」。取材時の思い出やエピソード、裏話などを随時、紹介します。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング