ソフトバンク甲斐野「ほぼ100パーセント」右肘回復順調

西日本スポーツ

 右肘靱帯(じんたい)の一部損傷でリハビリを続けている福岡ソフトバンクの甲斐野央投手(23)が20日、福岡県筑後市のファーム施設で練習後にオンラインでの取材に応じ、患部の順調な回復ぶりを明かした。

 現在の状態について「キャッチボールは70~80メートルまで距離を延ばせている。個人的にはほぼ100パーセントに近い。6月頭にはブルペンにも入りたい」と説明。現状最短となっている6月19日の開幕について「頭ではそこに間に合うようにと考えているけど、無理して悪化させても駄目。トレーナーと相談しながらやっていく」と口にした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ