ソフトバンク投手陣がセ・リーグ圧倒 38イニング連続無失点/復刻

西日本スポーツ

 ◆日めくりソフトバンク 誕生15周年

 ソフトバンク球団は今年15周年。球団がソフトバンクとなった2005年からの出来事を、過去の西日本スポーツ掲載記事で振り返ります。

 2011年5月22日の出来事は…。

   ◇   ◇   ◇

 セ・リーグをなで切りするようにゼロを並べた。17日広島戦に始まり、18日の同カード、20、21日の阪神戦は連続完封。そして22日のヤクルト戦の4回まで、投手陣が連続無失点イニングを38として球団史上最長だった南海時代の43年に並んだ。

 止めたのは先発では交流戦初登板の摂津だった。5回2死一、三塁、意表を突いて投じたカーブを青木が巧みに捉える。ボテボテの打球で一塁手小久保のタッチをかわして頭から滑り込み、三走の生還を許す不運な形で1失点。「申し訳ない」と頭を下げたが、きっちり白星を挙げた。

 試合開始2時間前に横なぐりの雨が降り、試合は30分遅れでスタート。万全で状態ではない中でも投手陣は1失点で9回までつないだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ