ソフトバンク長谷川「違和感ない」2カ月ぶり実戦でいきなり適時二塁打

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの長谷川勇也外野手(35)が25日、ペイペイドームで行われた紅白戦で適時二塁打を放ち、順調な調整ぶりを披露した。

 紅組の4番左翼で先発。初回2死二塁で白組先発・尾形の初球、高めの148キロ直球を捉え、右越えの適時二塁打とした。「あまり深く考えず、来た球にしっかり自分のスイングをしようとだけ考えていた。ボールへの集中力は高まっていたと思う」と冷静に振り返った。

 約2カ月ぶりとなる実戦で2打数1安打。「自主練習中に振り込んで体にキレがあるので、あまり違和感なくできている」と状態の良さを強調した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ