ソフトバンク森、3球で1回無失点 紅白戦で主力組封じる

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク紅白戦(25日・ペイペイドーム)

 福岡県の緊急事態宣言が解除されてから初めてとなる紅白戦で、森が貫禄の投球を演じた。

 紅組の先発として、主力が名を連ねた白組相手に登板。1番牧原を直球で一ゴロに仕留めると、2番今宮も直球で中飛。最後は3番柳田をカットボールで左飛に打ち取り、わずか3球で1回を無失点に封じた。

 「打者相手はオープン戦以来だったけど、違和感なく投げられた。真っすぐのスピードもそれなりに出ていた。今後はもっと体のキレを出していきたい」

 3月14日の広島戦(ペイペイドーム)以来となる実戦マウンドでも、安定感は抜群だった。

 試合は5回までの特別ルールで行われ、主に主力で編成された白組が6-1で紅組に勝利した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ