県高校総体と甲子園予選、佐賀県で合同の代替大会 知事がエール

西日本スポーツ 金子 晋輔

 佐賀県は25日、新型コロナウイルスの影響で中止になった同県高校総体と、全国高校野球選手権佐賀大会を合わせた代替の大会として「SAGA2020 SSP杯 県高校スポーツ大会」を開催すると発表した。日程は6月13日~7月30日で、今のところ29競技の実施を見込んでいる。

 大会は県高校体育連盟、県高校野球連盟、県、県教育委員会の4者による共催。感染経路が不明なクラスター(感染者集団)が発生した場合は中止を検討する。

 SSP杯は31競技を実施予定だった県高校総体と同規模になる。県によると各競技は県内で実施。野球は7月11日から同30日まで、土日を中心に佐賀市のみどりの森県営球場などで行われる。新型コロナの感染リスクを踏まえて、多くの選手が一堂に会す開会式や閉会式は行わない。また観戦は「3密」対策をした上で可能な限り認める方向といい、認められなかった競技についてもオンライン配信での対応を検討する。

 山口祥義知事は記者会見で「高校生がこれまでの成果を発表する場であり、新しい人生のスタートへの糧にしてほしい」とエールを送った。

 県高体連と県高野連などは県高校総体や甲子園予選の中止により、それぞれ代替の大会を開催する方針を表明していた。(金子晋輔)

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング