小倉競輪の選手 マスクなど寄贈 北九州市へ

西日本スポーツ

 日本競輪選手会福岡支部北九州事務所所属の選手一同が25日、北九州市に新型コロナウイルス感染症対策のためのマスク5000枚と消毒液100本(計50万円相当)を寄贈した。この日、同支部の八谷誠賢副支部長が同市役所を訪れ、北橋健治市長に目録を手渡した。

 小倉競輪はこれまで日程が中止されることなく開催されてきた。八谷副支部長は「各地で競輪開催が中止になっているが、小倉は万全の対策で開催してもらい、恩返しができないかと小倉の選手で話し合いました」。北橋市長も「ご厚情は人のために最前線で頑張っている医療機関の方々にお届けさせていただきます」と、互いに感謝の言葉を口にした。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング