ソフトバンク岩崎、1回3K無失点も「球の強さがまだ足りない」

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの岩崎翔投手(30)が26日の紅白戦では白組の2番手として登板し、最速149キロの直球を主体に1回を被安打2、無失点に抑えた。

 奪ったアウトは内川、三森、柳町とすべて三振だったが、いずれも変化球。「結果は悪くなかったけど、ボールの強さがまだまだ足りない。今後はそこを詰めていくためにショートダッシュなどを多めに(練習に)入れて、体のキレも出していきたい」と語った。

 セットアッパー返り咲きを狙う右腕は、紅白戦残り3試合中2試合に登板予定で、連投テストは6月に入っての練習試合で行われそうだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ