ソフトバンク松田宣「エグい」 栗原が開幕スタメンまたアピール 

西日本スポーツ

 ソフトバンクの栗原陵矢捕手(23)が28日、ペイペイドームで行われた紅白戦で特大の2ランを放つなど、好調な打撃で目標に掲げる開幕スタメンへ猛アピールした。

 白組の「3番・捕手」でスタメン出場して迎えた3回1死一塁、石川が投じた初球の136キロをフルスイングすると、打球は右翼スタンドの中段で弾む本塁打に。打った瞬間には、紅組の三塁に就いていた松田宣が「エグい、やばい、エグい」と口にするほどの、強烈な当たりだった。

 試合を終えて、オンライン取材に応じた栗原は「自分はどんどん振っていくスタイルなので、ゾーンに来たボールは振っていこうと思っていた。すごくいい感じで捉えることができた。ただただ、自分はアピールしていくだけです」とうなずいた。この日は捕手としても好リードで投手陣を引っ張るなど、攻守で存在感を示した形に。この日は同じ捕手の九鬼も本塁打をマークしただけに「負けていられないですね」と闘志も燃やした。

 24日のシート打撃でも本塁打を放つなど好調ぶりをキープ。そんな栗原について、工藤監督も「頼もしく感じている。(開幕スタメンは)当然状態がいい選手を使いたいのは思いがあるのは間違いない。練習試合も見ていくなかで決めていかないといけないが、かなり有力な選手の一人であることは言える」と高く評価していた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ