新型コロナで閉鎖のNTC練習再開 銀メダリスト飯塚が懐かしかった匂い

西日本スポーツ

 2016年リオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダリストの飯塚翔太(ミズノ)が28日、拠点とする東京都の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)での練習を再開した。練習後、オンラインで報道陣に対応。喜びを語った。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、NTCは4月上旬から閉鎖。飯塚もトラックを使っての練習ができなかった。制限付きながら利用が解除され、この日は検温を行い、選手同士が座る感覚を気をつけるなど対策を取った上で、1時間半ほど練習。「タータンの匂いとかがすごく懐かしかった。(練習場に)入った瞬間、家に帰ってきたみたいな感じ。初めてプールに入った子どもみたいな、ワーッという気持ち。練習後、すごく気分もいいし元気になった」と振り返った。

 当面は今秋に開催予定の日本選手権を大きな目標に掲げる。「一番はレースがしたいという気持ち」とはやる気持ちを抑えられない様子だった。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング