3着条件大山は正念場 ボート王国九州山口!

西日本スポーツ 渡辺 将司

 さあ、勝負の4日目だ。ファン投票1位の峰竜太は3日目10R、カドから豪快にまくって初日ドリームに続く2勝目をマーク。「乗りにくいままだけど、足は十分なレベルになった」と機力も本格化。「(予選)1位が見えてきたので、気合を入れて頑張るだけ」。いよいよ峰が、全開モードに突入してきた。

 仁志も準優好枠へ視界良好だ。前半2Rで2着を確保すると、6枠で迎えた12Rは4着。オール3連対こそ途切れたが、得点率は7・00の8位タイ。4日目には絶好1枠が巡ってくる。「気温が冷えた方がいい」というなら11Rはおあつらえ向き。きっちり逃げて、準優へと勝ち進む。

 西山貴浩は2着条件、瓜生正義は2走15点と、ボーダー下からの勝負駆けに挑むが、注目は何と言っても大山千広。ファン投票2位でドリームに選出された昨夏の女王は、得点率6・20で16位と正念場。3日目5Rは「足を求め過ぎて、乗り心地を悪くしてしまった」と5着敗退も、9Rではすぐさま軌道修正。「後半は大丈夫でした。足も問題ない。準優に乗れるように頑張ります!!」。準優へは3着条件。ファンの期待を一身に背負い、勝負駆けを成功させる。 (渡辺将司)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング