ソフトバンク王会長、異例ずくめの2020年シーズンに「心配しても仕方ない」

西日本スポーツ

 ソフトバンクの王貞治球団会長(80)が29日、ペイペイドームでオンラインでの取材に応じ、6月19日に決まった公式戦開幕への思いを語った。

 「いつ(公式戦を)開始できるか分からなかったので、選手たちも調整が大変しんどかったと思う。6月19日にスタートできることが決まったので、選手たちの調整にも力が入ってきた。ペースも上がっている。日に日に変わっていく選手の表情や調子などを見て、2020年型の野球を楽しみにしている」と力を込めた。

 レギュラーシーズンは約3カ月遅れでの開幕となって120試合となるほか、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、日程面でも例年と大きく異なるのは確実。極めて異例のシーズンとなるのは間違いないが「これは心配しても仕方ない。他のチームも同じなので。(6月)19日のスタートが決まった段階から、選手たちがいかにペースを上げられるかが重要。(開幕すれば気温も)暑くなるし、毎日毎日スケジュールもタイトだと思う。対応できる体調を整えられるかは、それぞれのチームの課題となる」とも話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ