コロナ支援金233万円 佐賀県競馬組合

西日本スポーツ

 佐賀県競馬組合(管理者・小林万里子佐賀県副知事)は29日、新型コロナ感染症対策として売上金の一部、233万円余りを公益財団法人「佐賀未来創造基金」に寄付した。この日、贈呈式が県庁であり、競馬組合の小林管理者と古谷宏副管理者、同基金の山田健一郎代表理事らが出席。小林管理者から山田代表理事に目録が渡された。

 佐賀競馬では5月16、17、23、24日の4日間に「コロナと戦う医療にエールを! 緊急支援競走」と題した計4レースを実施。払戻金や開催経費を除いたこれらのレースの収益金を、医療に役立ててもらうことにした。

PR

競馬 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング