ソフトバンク王会長「逆に腕の見せどころ」V4の鍵握る二つの条件は

西日本スポーツ 倉成 孝史

 V4大号令! 福岡ソフトバンクの王貞治球団会長(80)が29日、開幕が6月19日に決まった今シーズンに向けた心境を語った。ペイペイドームでオンライン取材に対応。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開幕が3カ月遅れて120試合制となり、過密日程も予想される中「スタートダッシュ」と「スタミナ」がVへのカギと強調した。プロ野球界全体にとって未曽有のシーズンとなるが「逆に腕の見せどころ」と、球団の底力で今季も頂点に立つことを厳命した。

 シーズンの幕開けがはっきりと見え、選手同様に80歳の王会長も武者震いしている。前クールで3月下旬以来、約2カ月ぶりに全体練習を視察。29日もペイペイドームでの1軍練習に足を運び、オンライン取材に応じた。「6月19日にスタートできることが決まったので、選手たちの調整にも力が入ってきてペースが上がっている。日に日に変わっていく選手の表情や調子を見て、2020年型の野球を楽しみにしています」。3週間後に迫った開幕が待ち切れないとばかりに、その声が弾んだ。

 待望の開幕が決まり、ホークスにとっては3年ぶりのリーグV、4年連続の日本一を目指す戦いが始まるが、今季は誰も経験したことのないシーズンとなる。王会長も「今年はこういう形で想像もしたことのない状況になっていて戸惑いもあると思う」と選手らを思いやる。それでも「ただ、われわれはプロですから。与えられた条件でどう戦いを進め、勝利をもぎとっていくか。逆に言うと腕の見せどころ」と、未曽有のシーズンだからこそ選手らが底力を発揮してくれることを期待した。

 今年も頂点に立つためのポイントも、その大きな瞳にはっきりと映っている。開幕が3カ月延期されたことで、シーズンの試合数は143から120に削減。「試合数も少ないですし、スタートダッシュは大事になるだろう」と、例年以上にスタートからのハイペースな飛び出しが重要になることを強調した。

 また、移動を極力減らすために今季は同一カード6連戦が多く組まれる可能性が高く、過密日程となることも明白だ。「これから夏で暑くなって、これまでも(試合を)やっていないからスタミナ切れが心配。19日と決まった段階から(選手は)ランニング量も増やしている。そこに向けての備えが大事」。スタミナ面も今季の大きなカギを握ることを示した。王会長ですら経験のない特別なシーズン。「新鮮な戦いができる。プラスの要素ととらえてやっていきたい」。4年連続日本一へ向け、すでにそのハートは熱くたぎっている。 (倉成孝史)

甲子園中止球児を思いやり「本当にかわいそう」

 王球団会長が、全国高校野球選手権大会と地方大会が中止になったことについて改めて思いを語った。新型コロナウイルス感染拡大の影響の大きさに「とにかく、高校野球が中止になることなんて本当に考えられなかった」と率直な思いを口にした。続けて、自らも東京・早実高で出場した経験があるだけに「とにかく、本当にあるべきものがないというのが、こんなに寂しくなっちゃうもんかという感じがしている。出場できなくなった学校、生徒の皆さんは本当にかわいそうだと思う」と球児らを思いやった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ