西武後藤オーナー「はつらつプレーで元気注入を」選手らを激励

西日本スポーツ

 西武の後藤高志オーナー(71)が30日、メットライフドームを訪れ、チームを激励した。辻監督や選手らに向けて約5分間の訓示。「3か月遅れではあったけど、6月19日からペナントレースが開始する。ぜひベストコンディションで試合に臨んでもらいたい。それから、世の中、新型コロナウイルスに対して自粛というのが一つのキーワードになっているが、ライオンズの選手諸君には自粛ではなくて、はつらつとしたプレーでファン、それから日本全体に元気を注入してもらいたい」と呼びかけた。

 開幕当初は無観客試合となり、メディアを通しての発信となる。「当面無観客試合だけど、全試合をテレビで放映、あるいはラジオでも中継してくれる。球場には残念ながらファンの方は来られないが、(メディアの)向こう側にはいっぱいのファンが楽しみにしている。多分、例年以上にメディアを通して観戦するファンは多くなると思う。もう一つ言うと、昨年のラグビーワールドカップじゃないけど、にわかファンも増えると思う。ライブのライオンズの試合を見たいというファンは多い。ファンを増やす、にわかファンをコアなファンにするチャンスでもある」と語った。

 もちろん、オーナーとして球団経営の厳しさも感じている。「今年は本当に球団経営としても経験したことのない未曽有の状況。まずは6月19日にペナントレースがスタートできるという意義が高いと思っている。西武グループとして、埼玉西武ライオンズを全面的にサポートしていく。選手諸君はとにかくプレーに集中して、リーグ3連覇、それから日本一をしっかり目指してほしい。球団経営はそういう中でやるべきこと、球団のフロントがしっかりやってくれていると思うから、そういう中でいろいろなアイデアもこれから出てくるでしょう。期待しています」と話した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング