ソフトバンク周東1軍初ショートに手応え「まあ、できているのかな」

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの周東佑京内野手(24)が30日の紅白戦に出場し、1軍では初となる遊撃守備でアピールに成功した。白組の「2番遊撃」で先発。2回に内川のゴロ、6回にも松田宣のゴロを無難にさばいた。遊撃は、1年目の3軍戦や今年3月28日のオリックスとの2軍練習試合で途中から4イニング守ったことはあり、1軍レベルでも適応力を示した。

 工藤監督は「1プレーヤーが複数を守れるのは大事。選手の可能性を広げる意味でも、紅白戦で守らせた」と、起用理由を説明。本人も「1軍では初めてでしたが、まあできているのかなという感覚でいます」と、手応えをつかんだ様子だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ