ソフトバンク・スチュワート思わぬ降板 工藤監督「状態を見て判断したい」

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは30日、ペイペイドームで紅白戦を行い、紅組で先発し2イニングを投げる予定だったスチュワートが、アクシデントで降板した。

 初回に川島、周東を打ち取り2死を奪った後、続く上林の放った打球が足を直撃(結果は一ゴロ)。その後自力でベンチへ戻ったが、この回限りでマウンドを降りた。工藤監督は「すねの部分に打球が当たってしまったので。状態を見て、6月の練習試合に帯同させるかどうかは明日(5月31日)判断したい」と心配そうに話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ