西武今井、3回パーフェクト投球に「逆にこれからが不安」

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武の今井達也投手(22)が30日、開幕ローテ入りに猛アピールした。メットライフドームでの紅白戦に先発し、3回をパーフェクト投球。最速153キロをマークするなど辻監督をうならせた。

 「今日は100点に近いぐらいの出来なので、逆にこれからが不安。いい状態を保ちながら、これからもやっていきたい」。自らに100点満点を与えるほど圧巻の内容だった。初回、先頭金子から空振り三振を奪ったのを皮切りに、初回2死には森を一ゴロ、2回には先頭の中村を右飛に打ち取った。「四球を出さなかったのが一番良かった」と満足そうだった。

 本来の開幕前はローテ入りに黄信号がともっていた。フォームが安定せず、西口投手コーチは「1軍で投げさせる魅力はない」とオープン戦の登板機会すらもらえなかった。開幕が延期となり、今井は自主練習中に体をつくり直した。4年目の右腕は「自分の長所は真っすぐを投げていくこと。どういう投手か見つめ直してたどり着いた。今日、確かめてみて、合っていたなという感じ」と手応えを語った。

 辻監督は「力みもなく非常にいいピッチングだった。このままうまく調整していってくれればいいかな」と高評価。今井自身も「今日の感覚を忘れずに、いい投球を続けていきたい」と意気込む。今後の対外試合で開幕ローテをつかみ取る。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング