「光が見えた」J2福岡主将、喜びとともに第2波の恐れ「気掛かり」

西日本スポーツ

 J2アビスパ福岡とV・ファーレン長崎の監督、選手らが30日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中断していたJ2の6月27日再開が決まったことを受けてオンライン取材に応じた。

 福岡のMF前主将はリーグ戦再開日程の決定に「光が見えた。目標を設定できることは素直にうれしい。サッカーのある週末を喜び、楽しんでもらえたら」とサポーターにメッセージを送った。前本人も「サッカーができる環境を楽しみたい」と再開が待ち遠しい様子だが、同じ福岡県内の北九州市で新型コロナウイルスの感染者が急増しており、油断は許されない。「第2波の恐れはたびたび報道されていて、チーム内で感染に注意しながらトレーニングをしてきた。同じ県で増えたことは気掛かりではある」と不安を口にした。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング