ソフトバンク甲斐痛っ!脇腹にファウル直撃で悶絶

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの甲斐拓也捕手(27)が31日の紅白戦でアクシデントに見舞われた。

 白組の8番捕手でスタメン出場。6回2死一塁の守備で、リチャードのファウルチップがプロテクターで覆われていない左脇腹部分を直撃。その場に崩れ落ち、苦悶(くもん)の表情を浮かべた。

 すぐにトレーナーらが駆け寄って状況を確認。3年連続ゴールデングラブ賞を受賞している正捕手だけにヒヤリとさせられる一幕だったが、大事には至らなかったようで、そのままプレーを続行した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ