ソフトバンク工藤監督、東浜への開幕投手通達明かす「思い伝わった」

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの工藤公康監督(57)が1日、前日の5月31日に東浜巨投手(29)に開幕投手を通達したと明かした。

 5月31日の紅白戦で3回をパーフェクトに抑えた東浜を登板後、監督室に呼び6月19日の大役を託したという。「自分が1年しっかりやらなきゃいけないという思いが伝わってきたのが一番大きいです」と指名の理由を説明した。

 工藤監督は当初の開幕予定日だった3月20日に向けても一度東浜を開幕投手に指名していたが、約3カ月の延期を受けて再検討する方針を打ち出していた。

 亜大からドラフト1位で2013年に入団した東浜は17年に最多勝のタイトルを獲得。昨年は2勝にとどまり、6月に右肘手術を受けて以降はリハビリに専念し登板がなかった。開幕投手は初の大役となる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ