ソフトバンク、フェンス開いた中でウオーミングアップ

西日本スポーツ

 ◆練習試合 オリックス-ソフトバンク(2日・京セラドーム大阪)

 ソフトバンクはビジターで6月19日の公式戦開幕に向けた練習試合初戦を迎えた。試合開始は午後6時。対外試合は3月22日のロッテ戦(ペイペイドーム)以来となる。

 京セラドーム大阪での試合前練習ではペイペイドームでの紅白戦時などと同様、新型コロナウイルスの感染防止のため、監督やコーチ、スタッフはマスク姿で参加。ウオーミングアップは選手同士が距離をとって行ったほか、練習時には通常は閉じられている左翼側、右翼側のフェンスが開放され、外気を取り込む措置などもとられていた。

 報道陣もグラウンド内には立ち入り禁止となり、通常よりも限定されたエリアで取材を行った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ