西武高橋光「びびった」練習試合再開初戦先発も7失点

西日本スポーツ

 ◆練習試合 巨人7-9西武(2日、東京ドーム)

 西武の練習試合再開初戦に先発した高橋光が5回を被安打9、7失点と不安を残した。

 初回は3人で抑える好スタートを切ったが、2回に2死からの連打で先制点を献上。3回には松原のソロなどで3点を失うと、降板した5回まで毎回失点を重ねた。

 「調子自体は悪くはなかった。悪かった点はしっかり投げられなかったところ。(捕手の)森さんと『いつもの実戦のように』と話していたけど、インコースにも投げきれなかったし、追い込んでからもいいところに投げられなかった。インコースに投げきれなかったのは何となくびびっていたんじゃないかと思う」と反省した。

 昨季自身初の2桁勝利を挙げ、今季はニールと並ぶローテの軸として期待される。「今日の課題を無駄にしないように日頃のキャッチボールから意識していきたい」と次戦を見据えた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング