ソフトバンク松田宣、頭部死球で途中交代

西日本スポーツ

 ◆練習試合 オリックス-ソフトバンク(2日・京セラドーム大阪)

 福岡ソフトバンクの松田宣浩内野手(37)が頭部に死球を受けた。8回2死一塁、オリックスの5番手で登板した鈴木の144キロがヘルメットを直撃。乾いた音がドームに響き渡った。ベンチからスタッフが飛び出し、松田宣は間もなく立ち上がったが、すぐに代走の柳町が送られた。

 6月19日の開幕が決まってから初めての対外試合に、松田宣は5番三塁で先発。2打席目に三塁内野安打を放っていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ