狭い座敷で生まれた「千手観音」 母が投げ、障子を破きながら磨いた技術【バドミントン嘉村健士の素顔】

西日本スポーツ 末継 智章

 バドミントン男子ダブルスで東京五輪代表の有力候補となっている嘉村健士(トナミ運輸)は幼少時代、病弱で小柄な甘えん坊だった。バドミントン好きな父泰博(57)と母律子(57)の“特訓”で持ち味の敏しょう性を磨き、ダブルスで開花。「ソノカム」として高校時代からペアを組む園田啓悟(トナミ運輸)との二人三脚で悲願の五輪切符に手が届く存在までに飛躍を遂げた。(末継智章) (文中敬称略)

 健士にとってバドミントンのコートは物心が付く前から“庭”だった。1990年2月に誕生。結婚前からバドミントンに打ち込んでいた泰博と律子は、2人が通う佐賀県唐津市内のクラブチームに生後間もない息子を連れていっていた。

 泰博「私たちがプレーするときは健士を籠に入れ、仲間に見てもらった。健士は始めたのは小学2年生と言うが、実際はもっと前からラケットを握り、家でも庭先にひもを張ってネット代わりにして遊んでいた」

 翌91年11月に弟の昌俊が生まれると、必ず家族4人で遊んだ。魚釣りや野球、海水浴…。体を動かすのが好きな一家だが、健士は小児ぜんそくに悩まされた。

 律子「幼稚園から小学低学年まで症状が出て、夜中に救急病院に連れていったこともあった。健康のために幼稚園から水泳をさせたけど、辞めたいと嫌がった」

 一方でバドミントンへの関心は高まる。小学2年生の時、両親のバドミントン仲間でもある円城寺文雄が率いる小中学生対象のクラブ「七山モンキーズ」(旧佐賀県七山村、現唐津市)に入った。週3、4日、放課後や休日に車で練習場の七山中体育館まで送るのが律子の役目だった。

 律子「車の中でずっと寝ているのに、到着する直前にぱっと起きる。行かなかった日はなかった」

 ラケットさばきのうまさから県内上位に食い込めたが、小食が影響したのか背がなかなか伸びない。シングルスでは同じ学年で2017年に全日本総合選手権を制した佐賀市出身の武下利一(現龍谷大コーチ)に勝てなかった。

 泰博「武下君は大柄。体格で劣るのに、健士は無理をしてスタミナがなくなるぐらいまでジャンピングスマッシュを打っていた。一度も勝てず、粘るために体格に合った技術を学んだ」

 その技術の一つがネット際に打ち返すヘアピンショット。帰宅後に“特訓”することもあった。

 泰博「折りたたみ式のネットを居間の座敷に張り、妻が投げたシャトルをネット際に打ち返していた。たまに障子を破ることもあったけど、狭いところで練習したからラケットさばきがよくなったのでは」

■園田とペア 高1から活躍

 その技術は4年生のときに円城寺監督の長男尚人と組んだダブルスで生きた。監督から反射神経の速さを買われ、展開が速いダブルス向きと判断されての起用だった。5、6年生の時、学年別で行われる全国小学生選手権の男子ダブルスで2年続けて3位に入賞し、中学3年時の全国中学校大会でも3位に入った。高校進学時には県外の強豪校からも勧誘が届き、健士は熊本の八代東を選択。泰博も異論はなかったが、入学前の面談で八代東の権藤浩二監督に一つだけ尋ねた。園田啓悟が入学するかどうかだ。

 泰博「小学生の時に息子の九州大会の応援に行くと、泣きながらシャトルを追う子がいた。小さくて頑張り屋さんで誰だろうと、今でも目に焼き付いているほど印象的だった。息子も高校入学前に練習参加した際に組み、息がぴったり合うと思ったようだ」

 運命の相手とペアを組んだ健士は1年時から主力として活躍し、全国総体に出場。地元佐賀で行われた3年時の全国総体では団体戦で準優勝し、ダブルスとシングルスで3位に入った。

 泰博「今ではよく言われるが、高校の時から健士はあちこちから手が伸び、千手観音のようだなと。他の子たちと違って低空戦を仕掛けるのも面白かった」

 両親は月1回、八代東まで行って息子の練習を見学。成長を見守った。

 律子「幼稚園生のころは甘えん坊だったのに、高校に入る際は覚悟を持って進路を決めていた。それからは悩みや言い訳を聞いたことがない。高校で体重が5キロ痩せたときも、相談はなかった」

 健士はリオデジャネイロ五輪出場を逃して引退を考えた時も、両親に相談していない。固い絆に結ばれ、自らの決断を尊重してくれると信じているからだ。家族の仲は今も変わらない。母の日や誕生日などの記念日に健士は必ず連絡してプレゼントを贈り、実家へ帰ると家族でゲームセンターやキャンプなどに行く。律子は、五輪を目指して戦う息子を気遣う。

 律子「親がバドミントンの名選手ではなかったのに、すごく頑張っていて楽しませてくれるので感謝しかない。五輪に行かせてあげたいと思うけど、本人は重圧を感じていると思う。出た結果を受け止めたいです」

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング