ソフトバンク栗原またまたアピール「積極的に」2安打で存在感

西日本スポーツ

 ◆練習試合 オリックス-ソフトバンク(3日・京セラドーム大阪)

 開幕スタメン入りを目指すソフトバンクの栗原陵矢捕手(23)が、またまたアピールに成功した。この日は「7番一塁」でスタメン出場。バレンティンの適時打で同点に追いついた4回に、なおも1死一、二塁の好機で漆原の外角直球をセンター左にはじき返し、勝ち越しの適時二塁打とした。「全然振っていけていなかったので、積極的に打ちにいきました。いい所に落ちてくれてよかったです」。この日は6回にも中前打をマークした。

 本職は捕手の6年目。5月末の紅白戦でも2試合連続で本塁打を放つなど4試合で10打数4安打、2本塁打、3打点と頼もしい打撃で存在感を上げている。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ