ソフトバンクが逆転で再開後2連勝 柳田は今年の対外試合初アーチ

西日本スポーツ

 ◆練習試合 オリックス5-10ソフトバンク(3日・京セラドーム大阪)

 ソフトバンクが逆転で、対外試合の再開後2連勝を飾った。

 打線がつながった。1点を追う4回は先頭柳田の二塁打を機転に、バレンティンの同点打、栗原の勝ち越し打などが飛び出して一挙に5点を奪取した。

 5回には柳田が漆原から左中間席へと運ぶソロアーチ。自身にとっては、今年の対外試合で初の本塁打だ。「少し詰まったけど、良いスイングができた。もっといいスイングができるように、どんどん調子を上げていきたい」と手応えを伝えた。

 開幕ローテーション入りを狙う先発の石川は4回2失点。若月にソロ本塁打を浴びる一方で5三振を奪った。「久しぶりの対外試合で、ブルペンでの投球練習や紅白戦では感じることができなかった良い感覚を得られた」と前向きに話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ