宮島ボート企業団が寄付金 広島県に1億円、広島市に3000万円

西日本スポーツ

 宮島ボートレース企業団は3日、広島県庁と広島市役所を訪れ、新型コロナウイルス感染症に対応する医療現場や地域経済への支援などのため、県に1億円、市に3千万円をそれぞれ寄付金として贈呈した。

 県庁で行われた贈呈式では同企業団の松本太郎企業長(廿日市市長)と入山欣郎副企業長(大竹市長)から、湯崎英彦県知事に目録が手渡された。6月中旬には呉市と安芸高田市への寄付金の贈呈も予定している。松本企業長は「このたびの寄付金は支援などに幅広く活用していただくことで、ボートレースの事業として地域貢献を果たしたいとの思いからです」と話した。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング