【クローズアップ】久田価値ある3着発進 【大村】

西日本スポーツ 深堀 慎一郎

 価値ある3着発進。3R1回走りの久田敏之(39)=群馬=は「大外から舟券に絡めた。大きいと思います」と充実の表情。いきなり巡ってきた予選の難所を手堅く切り抜け、上位通過の可能性を高めた。

 エンジンも十分な動き。「足自体は普通。でも舟が返ってくれて、しっかりレースができる」。24号機は平凡な素性で、G1となれば劣勢の恐れもあったが、的確なペラ調整で、戦えるだけの態勢に整えた。

 つい先日、8月のメモリアルへの初出場が発表されたばかり。毒島誠とともに桐生代表に選ばれた。20年以上も桐生の看板を背負ってきた山崎智也は不出場。「支部を引っ張ってきてくれた山崎さんと一緒に出たかったので、複雑な気持ちですが…」。それでも「2人しか出られないのだから仕方ない。自分に山崎さんの代わりはできないけど頑張りますよ」。笑顔の中に、強い自覚で戦っていく気構えを見せた。

 特別戦のVは未経験だが、今年に入って2月戸田関東地区選(4)、3月びわこ秩父宮妃記念杯(6)、4月下関周年(5)とコンスタントに優出。そろそろ、もっと上の結果を出してもいいころだ。 (深堀慎一郎)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング