ソフトバンク栗原、捕手でも特大弾 打率5割の爆発引き出した指揮官の助言とは

西日本スポーツ 長浜 幸治

 ◆練習試合 オリックス3-3ソフトバンク(4日、京セラドーム大阪)

 リーグV奪回を目指す福岡ソフトバンクに新たなオプションが加わるかもしれない。栗原陵矢捕手(23)が京セラドーム大阪の5階席に特大弾。新たな開幕が決まった後の対外試合で初めて先発マスクをかぶり、豪快な一発で開幕スタメンへ力強く前進した。打力を生かすため一塁、外野でも起用される中、本職でも強肩で二盗を阻止しアピール。甲斐、高谷に次ぐ立場で控える捕手のマルチな活躍にブレークの予感がプンプン漂ってきた。

 6回、栗原の放った打球が京セラドーム大阪の右翼スタンド5階席に着弾した瞬間、静寂を切り裂くような「ドン」という衝撃音が響いた。推定125メートルの特大弾に、ホークスベンチから驚きにも似た声が上がった。打った球はK-鈴木の内角低めスライダー。簡単なコースではなかったが、見事にすくい上げた。

 「前の打席に近め(内角)のああいう曲がり球でやられていたので、そこの意識はあった。うまくファウルにせず打てた」

 2打席目は一ゴロ。打ち取られたボールを頭に入れた中での一発に対応力の高さが表れていた。2回の右中間フェンス直撃の二塁打を含め、3安打だった3日に続き2試合連続のマルチ安打を記録した。猛アピールを続ける若武者に、工藤監督も「見事だった。しっかりいい状態を保ってくれている」と目を細めた。

 開幕スタメンへ鼻息を荒くする23歳の肩の荷を軽くしたのは指揮官の一言だった。2日の試合で3打数無安打に終わった栗原に工藤監督が声を掛けた。「らしくやれよ。とにかくおまえは早く慣れろ」。昨季までのプロ5年間で1軍出場は46試合。経験の浅い栗原にとって貴重なアドバイスとなった。「(紅白戦と練習試合は)相手ピッチャーが違うし、球場も違う。いろんな面で感覚がつかみ切れていないところがあったので、すごく楽になった」。3、4日の大暴れを見るに工藤監督の助言効果はてきめんだった。

 捕手としても成長を見せた。先発バンデンハークとコンビを組み初回は2点を許したものの、2回以降は好リードで右腕を立ち直らせた。「バンディー(バンデンハーク)も3、4回はいいリズムになってきて、『すごく投げやすかった』と言ってくれた」と胸を張った。

 工藤監督は「リードもだいぶ落ち着いてできるようになってきた」と評価した上で“捕手栗原”がオプションの一つになる可能性を示唆。「シーズン中、拓也(甲斐)に何が起こるか分からない。今、これだけいいものを見せてくれているし、僕らも使うことを考えてやっていきたい」。捕手としては甲斐、高谷に次ぐ立場だが、公式戦でも外野や一塁だけでなくスタメンも含めマスクをかぶる機会が増えるかもしれない。

 ここまでの練習試合3試合で10打数5安打の打率5割と、自身初の開幕スタメンが見えつつあるが、「手応えという意味ではまだまだない。毎日毎日アピールしていかないと」と必死さは変わらない。開幕の「6・19」まで練習試合は残り9試合。一日も無駄にはしない。 (長浜幸治)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ