ソフトバンク開幕ローテ左腕のムーア「やってはいけないこと」を反省

西日本スポーツ

 ◆練習試合 阪神-ソフトバンク(5日、甲子園)

 ソフトバンクの開幕ローテ入りが確定している新外国人左腕、マット・ムーア投手(30)が上々の投球で首脳陣を安心させた。

 初回は3番マルテを追い込んでからの鋭いナックルカーブで空振り三振に仕留めるなど三者凡退。2回も4日まで3戦連発中だった4番ボーアを、同じくナックルカーブで力ない中飛に打ち取るなど3人で片付けた。3回に2死からの四球後に糸井に左翼ポール直撃の2ランこそ浴びたが、予定の球数に到達した4回2死までを2安打2失点にまとめた。

 開幕2カード目の初戦、23日の西武戦(メットライフドーム)での先発が予定されている。「球数もある程度投げる事ができたし、内容的にも満足している」と、この日投じた69球への手応えを強調した。ただ「9番打者への四球は練習試合だからといってやってはいけないこと。調整としては順調にきているので継続してやっていきたい」と反省も口にし、シーズン本番へ向けてぬかりない準備を進めていく。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ