ソフトバンク開幕ローテは実質残り1 阪神封じで6年目右腕アピール

西日本スポーツ

 ◆練習試合 阪神4-7ソフトバンク(5日、甲子園)

 開幕ローテ入りを目指すソフトバンクの6年目右腕、松本裕樹投手(24)が好投でアピールに成功した。

 先発ムーアの後を受け4回2死から登板。糸原を三邪飛に仕留めると、続く5回は梅野、北條から力強い直球で連続三振を奪うなど、7回まで3イニング連続で三者凡退に抑えた。

 8回1死から安打を許したが、冷静に次打者を併殺に仕留め4回1/3を無失点。「少し高めに抜けるボールが多かったのを修正することができた。このまましっかりとアピールしたい」と次回の登板に向けても意気込んだ。

 ソフトバンクの開幕ローテは東浜、ムーア、和田の3人が確定し、故障明けの高橋礼バンデンハークも状態に問題がなければ入ることが確実。実質残り1枠を石川、二保、松本で争う構図となっている。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ