ソフトバンク上林 役割きっちり1番で2安打

西日本スポーツ

 ◆練習試合 阪神2-1ソフトバンク(7日、甲子園)

 上林がリードオフマンとしての役割をきっちり果たした。2試合ぶりに「1番」に座ると、初回は相手先発ガルシアのスライダーを捉え、右翼越え二塁打。1点を追う7回1死一塁でも右前打を放って好機を拡大させるなど、2試合ぶりにマルチ安打を記録した。

 「1番(打者)として出塁を求められると思うので、(安打を)2本打てましたが、初回の安打での出塁は良かった。対左投手(ガルシア)から打てたというのも良かった」。大阪での練習試合は6戦で打率3割6分(25打数9安打)と状態のよさをうかがわせた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ