井口、峰、新田が準優1号艇 開設68周年記念 【大村】

西日本スポーツ

 大村ボートのG1開設68周年記念「海の王者決定戦」は8日、9~11Rで準優3番が行われる。4日間の予選は井口佳典がトップ通過。前日トップの峰竜太が5、2着の計10ポイントと停滞したのに対して、井口は1、3着の計16ポイント。前日の4ポイント差を逆転した。3位は前日と同じく新田雄史で、この3人が準優の1号艇を手にした。最終的なボーダーは5・83。前日までの下位からは、1号艇の好機をしっかり生かして1着の中田元泰、宮之原輝紀をはじめ、赤坂俊輔、平本真之が勝負駆けに成功。ボーダー上だった今垣光太郎は上位着順の差で次点。前節SG初Vの篠崎仁志は、前半6Rで落水し負傷。後半11Rを欠場して帰郷した。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング