巨人坂本ら「微陽性」医学用語じゃなかった 専門家が釈明「使わないで」

西日本スポーツ

 プロ野球とサッカーのJリーグが連携して設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」は8日、オンラインで第9回会議を開いた。

 巨人が3日に坂本、大城がPCR検査の結果、新型コロナウイルスに陽性反応が出たと発表。その際に「微陽性」との言葉を用いた。

 これについて専門家チームの座長を務める東北医科薬科大の賀来満夫特任教授は「私も検査の専門家なんですが『微陽性』という言葉は医学的には全くございません」と明言。「読売巨人軍さんから(2選手が)陽性とお聞きして、Ct値がどれぐらいだったか確認させていただいた。私が『微量ですね。微陽性な感じですかね』という話をして、それがリリースに乗った」と経緯を述べた。

 報道陣との質疑応答の中でも「読売さんが作られた言葉でも何でもない、私の言葉から出たものなんです」と説明。「微陽性と初めて聞いたという声がありました。私も初めて微陽性と言ったんですけど。医学用語ではなく、会話の中で出た言葉。私からは、ぜひその言葉は使わないでいただきたいとお願いします」と報道陣に要請した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング