期待のアタッカーがハマる自作スムージー/中川美柚#明日へのエール

西日本スポーツ

 バレーボールVリーグ女子チーム、久光製薬スプリングス(佐賀県鳥栖市、練習拠点は神戸市)が5月上旬から活動を再開した。新型コロナウイルス感染拡大による自粛期間を経て前へ進み始めたスポーツ界。医療、健康に携わる企業に所属するスプリングスの選手たちが、最前線で闘う人々や日本への思いを込めて#明日へのエールを送る。

    ◇    ◇

●中川美柚(なかがわ・みゆ)

●2000年1月8日生

●アウトサイドヒッター

●183センチ

●東九州龍谷高(大分)出身

 期待の3年目アタッカーがはまっているのがトロリとしたドリンク…スムージー作りだ。最近購入したというミキサーを使って野菜やフルーツの栄養素を効率良く摂取。健康維持に役立てている。「日常生活に戻ったとき、新たなスタートが切れるように、今のこの時間を大切に過ごしましょう!」。レシピも開拓していきそうな勢いだ。

 高校バレーの強豪で知られる「東龍」出身。高校の1学年下の平山詩嫣、2学年下の荒木彩花とともに“NHAトリオ”を結成し、後輩に負けじと活躍を誓う。アピールポイントに「高さを生かしたスパイク」を挙げ、コートでスムージー効果を実感する日を心待ちにしている。

【コロナと闘う人々へのメッセージ】

 日常生活に戻ったとき、また頑張れるように、そして新たなスタートが切れるように、今のこの時間を大切に過ごしましょう!

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング