西武山川「打った瞬間」手応え十分 歓喜のどすこい 6回に同点ソロ

西日本スポーツ

 ◆練習試合 西武1-1楽天(10日、メットライフドーム)

 西武の山川が無人のスタンドに歓喜の「どすこい」を響かせた。1点を追う6回、左腕の塩見のスライダーを振り抜き、左翼席に運んだ。「タイミングよく打つことができた。打った瞬間、ホームランになる手応えだった」。5日の中日戦に続き、対外試合での2号となった。

 ダイヤモンドを一周した後は、無人のスタンドに向かって「どすこい」のパフォーマンス。開幕が近づき、主砲の状態も徐々に上がってきた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング