多村仁志氏「本当のことを分かってほしい」ブログ草創期に自身で情報発信を始めたわけ

西日本スポーツ

 「世界一」と「日本一」の頂に上った多村仁志さん(43)は22年間の現役生活のうち6年間を過ごした福岡ソフトバンクで2人の将と出会った。2006年の第1回WBCで日本代表を率いて初代王者に導いた、王貞治球団会長(80)との「縁」で常勝ホークスの一員となり、秋山幸二氏(58)=本紙評論家=の下では同じ「志」を抱き、日本一となった。球界最年長育成選手(当時)としてユニホームを脱ぐまで白球を追い続けたスラッガーがクールな外見の下に隠された熱い胸中を明かした。(聞き手・構成=西口憲一)

(第1回/全3回)

-王監督とはWBCでも監督-選手の関係だった

 横浜からトレードを伝えられた後、会長(当時監督)からお電話をいただきました。最初、知らない番号から電話がかかってきて「王だけど…」と留守電に入っていたんです。びっくりしましたよ。慌ててかけ直しました。会長には「この縁を大事にしよう。福岡には君が全力で戦える環境が整っている。迷わず来てほしい」と言っていただきました。神奈川で育って、地元の球団に入って…だったじゃないですか。だから、お電話をいただく前は(トレード通告に)ショックで頭が真っ白。気持ちの整理がつかない状態でした。福岡もオープン戦や交流戦の数試合しか行ったことがなくて。なじみがない場所で不安もありましたから。

-福岡に来る前には京都のある神社を訪れた

 たまたまだったんですけどね(笑)。京都で自主トレをしていて、京都御所の横を歩いていると「護王(ごおう)神社」という神社があったんです。「王監督を護(まも)る」と読めるのが気に入りました。

-家族を横浜に残しての福岡への単身赴任だった

 当時、会長には独り身の僕を気遣い食事に誘っていただくこともありました。ちょうど(胃の全摘出)手術明けで大変な時期だったはずなんです。そこまで食べられないはずなのに、僕に気を使わせないように、そういうそぶりを一切見せませんでした。球団の方から、僕との食事の後に会長が苦しそうにされていたという話を聞いて、胸が熱くなりました。余計に「この方のために」と思いました。

-ホークスに来たことで良い意味で生まれ変われた

 常勝チームでしたし、小久保(裕紀)さんと松中(信彦)さんの存在が大きかった。お二人が体をボロボロにしながらグラウンドに立つ姿を見ましたから。自分の体調うんぬんより、やれる中で自分を信じて、その中でベストを尽くす、無理をしてもグラウンドに立つ。それがプロフェッショナルだと。移籍1年目の2007年、西武ドーム(現メットライフドーム)で走塁中に肉離れをしたんです。試合後、王監督に呼ばれて「どうだ?」と聞かれました。左の太もも裏を完全断裂していました。でも、王監督と一緒にやらせていただいて1年目じゃないですか。「2軍にいってちゃんと治せ」と言われたんですが、王監督も手術明けの状態で指揮を執っているのにこんなことで離脱はできないと思って「大丈夫です。(このまま1軍で)やらせてください」とお願いしました。結局、あの年は同じ箇所を4回肉離れしましたが、毎日トレーナーさんに患部をテーピングでぐるぐる巻きにしてもらい、一度も離脱することなくシーズンを完走しました。今、振り返ればきちんと治しておけば良かったかな(笑)。

-女子プロレスラーが亡くなったように会員制交流サイト(SNS)による誹謗(ひぼう)中傷は社会問題となっている。自身もけがなどを巡ってファンからたたかれたこともある

 僕たちの世界って、けがはチームの機密事項だし、隠そうとするじゃないですか。失礼な話、記者さんたちにも本当のことを言わないこともあります。そうして、臆測で書かれたものが、またSNSとかで広がるじゃないですか。事実じゃないのに一度紙面に載れば、記事を読んだ人はそれを信じる。記者さんに問いただせば謝るだけで世には訂正されない。本当のことを分かってほしいなと。そういったことが当時は多く、それに対してのコメントを目にしてしまった時には傷つきましたね。伝えたいことが伝えきれない、というのがあったので僕はベイスターズ時代に「6TOOLS」という当時選手では珍しいブログを球団公認で開設しました。毎日の出来事を日記のようにつづり、自身の言葉を僕の純粋なファンに向けて伝えていました。ファンの方々からの温かいメッセージはとても心強かったです。

(2につづく)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ