忘れない秋山監督の言葉「ホームラン、狙ってこいよ」多村仁志氏が振り返る日本シリーズ

西日本スポーツ

 「世界一」と「日本一」の頂に上った多村仁志さん(43)は22年間の現役生活のうち6年間を過ごした福岡ソフトバンクで2人の将と出会った。2006年の第1回WBCで日本代表を率いて初代王者に導いた、王貞治球団会長(80)との「縁」で常勝ホークスの一員となり、秋山幸二氏(58)=本紙評論家=の下では同じ「志」を抱き、日本一となった。球界最年長育成選手(当時)としてユニホームを脱ぐまで白球を追い続けたスラッガーがクールな外見の下に隠された熱い胸中を明かした。(聞き手・構成=西口憲一)

(第2回/全3回)

-秋山監督が就任した09年に本名の「多村仁」から「多村仁志」に登録名を変更した

 何かを変えたいな、と考えていました。「志」は読んで字のごとくです。決めたものを目指すとか、信念とか、相手を思いやるとか…いろんな意味が含まれている。シーズン途中ではあったけれど、もう一度生まれ変わるんだという気持ちで変更しましたね。登録名を変更後、西スポさんで、秋山監督が直筆で書かれた「志」という題字を紙面で使われているのを見たときは、秋山監督にもご縁を感じました。今ではすっかり「仁志」が自分の中で定着して大事な書類に「多村仁志」と書きそうになることもあります(笑)。

-秋山監督とは4シーズン一緒に過ごした

 オープンな方でした。監督室にも何度か行きましたし、秋山監督は練習中も打撃練習をされたり、外野でボールを追ったりされていましたからね。そういうときにふらっと来て、話をしてくださるんです。「俺はこう思うよ」みたいな野球観を。

-11年はレギュラーシーズンこそ100試合の出場にとどまったが、落合博満監督が率いる中日との日本シリーズでは打率3割7分で本塁打も放つなどMVP級の活躍。自身初の大舞台で美酒を味わった

 あの年のペナントレースは出場機会が減っていて、もやもやしていた自分がいました。それを自分から言えるような性格ではなく、やるべきことをやろうと自分に言い聞かせていました。ある日の練習日に、秋山監督が寄ってこられて「クライマックス(シリーズ)と(日本)シリーズに合わせて調整してくれ」と言われたんです。ありがたい言葉でした。「大事なところで自分を必要としてくれている。逆算(して調整)できる」と思いました。状態をマックスに持っていくためにですね。すんなりとポストシーズンに入っていけました。秋山監督の言葉は短くても、伝わってくるものがあった。実はポストシーズンで自打球で足の指が折れたままプレーしてたんです。それでもいいパフォーマンスができたのは秋山監督のおかげです。

-「志」は「心」という言葉が支えている

 東日本大震災があった年(11年)ですね。起床時と就寝時の1日に2度、手を合わせるようになりました。自分の心を見つめ直すためでしょうか。お世話になっている方からいろんなお話をうかがう中でやってみようと。片方の手が過去で、片方の手が未来。その手と手の間で自分が存在していて生かされていると。感謝の心は絶対に忘れてはいけない。今も自宅の神棚で毎日手を合わせています。

-両手を絞るようにしてバットを握り、背筋をすっと伸ばして構える打撃フォームも印象的だった

 確かに僕、合掌をするというか両手を合わせるような形で構えていましたね(笑)。自然体で構えることを意識していたのですが、落合さんから(横浜時代の01年のキャンプで)教わったのが打撃フォームの基本なんです。

-現役時代は通算195本のアーチを描いた。安打の延長が本塁打という考えと、秋山氏の現役時代のように本塁打の打ち損じが安打という考えがある

 コメント的には謙遜して「ヒットの延長が…」と言っていましたね。でも、本音を言うとホームランを狙うスイングをしないと、なかなかスタンドには入らないですよ。僕の中で一番良いスイングはホームランの打ち方だと思っていたので。必ず、ホームラン集の映像を球団に作っていただきました。それをずっと手元に残していたんですよ。分解写真もそうですね。その中でも一番良い打ち方があったので、打撃の感覚がおかしくなりそうだったら、それをよく見返していましたね。

 僕に対してサインはほとんど出なかったと思います。でも、自分では状況に応じて走者を進める打撃をしていました。すると、秋山監督に呼ばれて「サインが出ていないときは全部ホームランを狙えよ」と言われたんです。僕は自分の成績がどうこうより、とにかく勝ちたい、優勝したいという気持ちでホークスに来たので。ホームランは狙わないと打てないんですが、チーム打撃というか、バッティングが無意識に小さくなっていたのかもしれませんね。そんな自分のことを秋山監督が見てくださっていたのかも。(11年の)日本シリーズでも、秋山監督に「ホームラン、狙ってこいよ」と言われた試合で実際に打ちました。やっぱり、その時々の打ち方ってあるんですよね。インサイドだったら体をくるっと回して打ちますし、反対方向のときは押し込んで打ちますよね。でも、一番気持ちがいいのは打った瞬間の手応え、打球角度…スタンドを見なくてもホームランと分かるのが理想でした。打った瞬間に確信したときは(着弾点を)見ていませんよ。だからどこまで飛んだのか、分かりませんでした。

-ホームランを打った後のベース一周が速かった。余韻に浸りながらベースを一周しても良かったのでは

 あれはですね、相手があることなので、相手に失礼にならないようにと思っていたんです。ガッツポーズもあんまりしたことがなくて、チームの士気を鼓舞するときくらいでしたね。

 (3へつづく)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ