開幕投手の西武ニールは5回6失点 2戦連続の乱調も「満足できなかったのは結果だけ」

西日本スポーツ

 ◆西武-ロッテ(12日、メットライフドーム)

 開幕投手に決まっている西武のニールが、練習試合の最終登板で5回8安打6失点と不安を残した。初回に先頭打者からの3連打などで2点を先制され、山川の3ランで逆転した直後の2回には福田秀に同点ソロを浴びるなど4回まで毎回失点を重ねた。

 「今日の結果は満足できるものではなかったけど、開幕1週間前のこのタイミングで重視しているのは肩の状態やコンディショニングなので、その点に関しては満足しているよ。満足できなかったのは結果だけ。今日は投げるリズムを意識してみた。登板を重ねるごとに、100パーセントの出来に近づきつつあるのを実感しているよ。来週はもっと良くなるんじゃないかな。いよいよ来週は開幕戦だけど、このメンバーと一緒に(リーグ)3連覇を目指して戦えることにワクワクしています。シーズンは長いので、週1回の登板ごとにどんどん状態を上げていきたいと思います。とにかく自分は自分の仕事を全うしていくまでだよ」。5日の中日戦(メットライフドーム)でも5回9安打5失点と精彩を欠いており、19日の日本ハムとの開幕戦(同)に準備OKとはいかなかった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング