ソフトバンク上林、2打席連続タイムリー 練習試合は11試合中6度マルチ

西日本スポーツ

 ◆練習試合 ソフトバンク-広島(13日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの上林が2打席連続のタイムリーを放った。

 1点リードの4回1死一、三塁。広島の先発左腕、床田が1ボール1ストライクから投じた甘い変化球を打ち返し、しぶとく右前に落とした。

 2回には右翼フェンス直撃の適時二塁打。「肩が開かずに、しっかりスイングできた。前の2試合があまり良くなかったので、1打席目で打てて良かった」とコメントしていたが、好感触を2打席目にもつなげた形だ。

 再開された練習試合で好調をキープする上林は、これで11試合中6度目のマルチ安打となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ