福岡堅樹、次のトップリーグを戦い医学の道へ「後悔しない人生を」

西日本スポーツ

 昨年のラグビーワールドカップ(W杯)で日本の史上初の8強入りに大きく貢献したWTB福岡堅樹(27)=パナソニック=が14日、オンラインで記者会見を開き、7人制ラグビーを引退することを発表した。パナソニックで戦う次のトップリーグのシーズンは戦い、同時に医学の道への準備を進める。

 日本ラグビー協会は13日、来年に延期された東京五輪を目指す男子7人制日本代表のトレーニングスコッドから福岡が離脱することを発表。東京五輪後に引退して医師を目指すことをかねて公言していた福岡は「後悔をしない人生を生きたい。(五輪の)延期ささやかれ始めてからどうするか、考えていた」と話した。

 福岡は「(1年延期の)この時間を(医学部進学の勉強など)準備に充てたほうが、セカンドキャリアにスムーズに移行できる」と説明。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で来季のトップリーグ開催は不透明。その上で「ラグビー選手の引退のタイミングは明言できない」と明かした。15人制日本代表の引退も改めて明言した。

 福岡県古賀市出身の福岡は福岡高から1浪して筑波大に進学。トップリーグのパナソニックに入った。2016年リオデジャネイロ五輪では4位入賞に貢献。W杯で「フェラーリ」と称された抜群の加速力を武器に計4トライを挙げた。

PR

ラグビー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング