ソフトバンク甲斐が途中交代 投球当てトレーナー駆けつける

西日本スポーツ

 ◆練習試合 ソフトバンク-広島(14日・ペイペイドーム)

 8番捕手で先発したソフトバンクの甲斐拓也捕手(27)が守備時にワンバウンド投球を右手に当て、3回限りでベンチに退いた。

 3回1死、広島安部の打席で二保のチェンジアップがワンバウンドし、体で止めようとした甲斐の右手親指の付け根にボールが直撃した。顔をしかめながら、駆けつけたトレーナーの手を握るなどして状態を確認。約2分間の中断を経てプレーを再開し、この回が終わるまでマスクをかぶったが、3回のソフトバンクの攻撃終了後に九鬼と交代した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ