ファン感隊長のエネルギー源「おうちでライブ」/浜松明日香#明日へのエール

西日本スポーツ

 バレーボールVリーグ女子チーム、久光製薬スプリングス(佐賀県鳥栖市、練習拠点は神戸市)が5月上旬から活動を再開した。新型コロナウイルス感染拡大による自粛期間を経て前へ進み始めたスポーツ界。医療、健康に携わる企業に所属するスプリングスの選手たちが、最前線で闘う人々や日本への思いを込めて#明日へのエールを送る。

     ◇    ◇

●浜松明日香(はままつ・あすか)

●1998年12月22日生

●ミドルブロッカー

●181センチ

●誠英高(山口)出身

 広い肩幅を生かした力感あふれるスパイクが持ち味だ。相手ブロックを打ち破る「パワー」に加え、攻撃のバリエーションアップをテーマに掲げる21歳のエネルギー源になっているのはライブ映像だ。今春の自粛期間では“自分の世界”にたっぷりと浸って、英気を養った。

 女子日本代表として活躍した栗原恵さんをはじめ多くの名選手を生んだ伝統校の誠英(旧三田尻女子)高出身。愛されキャラで昨年のファン感謝祭では「ファン感隊長」を任命され、開会宣言を行った。「できることを頑張ります!」。飛躍を期す4年目ミドル。力強い誓いは「明日」の2文字を名前に持つ自身へのエールでもある。

【コロナと闘う人々へのメッセージ】

 医療関係の皆さまをはじめ、本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング