ソフトバンクの対抗に楽天を推す/斉藤和巳

西日本スポーツ

 初めて開幕投手に指名された東浜に注目している。野球人として、一人の人間として今季は大事なシーズンになる。故障もあって過去2年は満足できるシーズンではなかった。それだけに今年に懸ける強い思いが伝わってくる。しかも、延期されながら開幕投手に指名された。いいスタートを切ってほしいし、それができればいい流れに乗っていくのではないか。

 彼は責任感が非常に強く、何かと無理をするタイプ。そこは、工藤監督やコーチ陣がブレーキをかけてほしい。大事なのはシーズンを通して投げ続けること。東浜はシーズントータルで考える必要がある。シーズンが終わった時に、自分がどう思えるかにこだわってもらいたい。

 再開後の練習試合では打ち込まれることもあったが、春先に比べ球威は戻っている。彼の場合、シンカーを打者に見送られるときは直球が切れていないケースが多い。状態が良くないときにどう勝負するか。配球について捕手としっかり話し合う必要がある。「開幕投手だから」と気負うことなく、常に地に足を着け、先を見ながら投げ続けてもらいたい。

 ソフトバンクの対抗に推すのが楽天だ。則本昂、岸の二枚看板に松井の先発転向。救援陣の層も厚く打線もいい。非常にバランスが取れている印象だ。補強に成功したロッテも全体的に充実している。

   ◇    ◇

斉藤和巳氏のパ・リーグ順位予想】

1位 ソフトバンク

2位 楽天

3位 ロッテ

4位 日本ハム

5位 西武

6位 オリックス

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ