ソフトバンク今季初安打は下位打線から

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(19日、ペイペイドーム)

 両チーム通じて初の安打はソフトバンクの下位打線から生まれた。

 ロッテ先発石川に対し、ソフトバンクは初回、期待の1番上林、2番栗原が連続三振。柳田の四球を挟んで、バレンティンも三振に倒れた。

 自軍の先発東浜も好投する中、2回は長谷川が遊ゴロ、松田宣が左飛。簡単に2死とされたが、ここで7番今宮が3ボール1ストライクの有利なカウントから外角低めのストレートに食らいつき、三遊間を破った。

 ベンチからも声が上がったが、続く甲斐が遊ゴロに打ち取られ、好機にはつながらなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ