サヨナラ打のソフトバンク栗原 胸に工藤監督の言葉「俺が責任取るから」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2x-1ロッテ(19日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが栗原の一打で劇的勝利を飾った。

 1-0の9回2死から森が同点に追いつかれ、試合は延長に突入。今季規定で最終回となる10回にロッテ投手陣を攻め、栗原が2死三塁から中前打を放った。

 初の開幕スタメンで2番に抜てきも、最初の3打席は凡退。インタビュアーとのソーシャルディスタンスを保ったお立ち台で「監督から『楽しめ』と。何かあっても俺が責任取るからと言われ、楽に入ろうと思ったんですけど、やっぱりちょっと緊張して入ったのが正直なところです」と振り返った。

 それでも4打席目に初安打を放つと、その後に二盗も決め、5打席目の劇的一打へとつなげた。試合中は先輩選手からの声掛けにも助けられたと言い「とにかく行けよ、と。打席でも思い切って自分のスイングをしていけと。ほんとにたくさん言葉をかけてもらいました」と明かした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ